去年に続き武田の杜を走ってきました。

今年も3時過ぎに家を出、会場近くの駐車場には5時過ぎに到着。今年は既にガードマンさんがいて、駐車場所まで誘導してもらえました。
車内に置いてあるフリース毛布にくるまって6時半の受付を待ちます。

・・・それにしても寒い。お堀はさすがに凍っていませんでしたが、底冷えします。

e0156534_21580825.jpg

今年もハッキリ見えた富士山。

e0156534_21561787.jpg

クルマに戻りレース支度。

7時半に会場に戻ると来賓の挨拶が始まっていました。

e0156534_21562748.jpg

神主さんのお祓いを受けてスタート地点に。

今年は最後尾からスタートしてみました。

・・・ところが。

神社を一周するあぜ道でまず渋滞。舗装路からシングルトラックに入るところでまた渋滞。この渋滞では5分以上停滞しました。

この後も渋滞は続き、列の中では登りでいきなり走り出したり、下りで急に歩きになったり。

石川さんの大会では渋滞することはまずないので、通常はどこからスタートしてもマイペースで走りきれるのですが今回は違いました。今年は参加者を200名増やした事が原因の様です。

5〜10キロまではそんな状態が続きましたが、徐々にマイペースで走れるようになってきました。

今年のテーマは最後尾からスタートすることと、去年登りで走りきれなかったところをなるべく走るということ。

下りは脱力して重力を利用して体力の消耗を抑え登りで稼ぐ作戦でしたが、テクニカルな部分のほとんどないコースなので周囲も結構速い。

シューズは先々週の修行走からスピードゴート2を使用していますが、インソールの具合が今ひとつで右足の先端がしびれる感覚があり、それがふくらはぎの攣りを誘発する症状が今回も出てきました。

10キロ付近の登りで早めにマグオンと芍薬甘草湯を投入しましたが、健康の森の急な登りでとうとう左足のふくらはぎが攣っていまいました。ロス3分。
去年もこの辺で攣りました。芍薬甘草湯をもう一包投入。

ゴールのアナウンスが聞こえるくらいまで近づきますが、ここから長〜い林道の下り。

下って下って登り返してまた登り降り。公園内を走ります。なるべく頑張って走りました。

最後階段と石段を登りゴール。

タイムはなんと!去年から20分遅れ。頑張ったものの序盤の渋滞が最後まで響いたようです。

ゴール後のふるまいほうとうもあまりの長蛇の列にパスして着替え、バス乗り場へ。

午後1時前には甲府の街を出て、3時前には帰宅できました。

最後尾からスタートしたために渋滞にはまりましたが、コース自体は初心者でも気持ちよく走る事の出来るやはりいい大会でした。


e0156534_21563470.jpg




.







[PR]
# by run-lenotre | 2017-12-10 22:02 | トレイルレース | Comments(0)

今週のトレーニング

今週は週初めにかなり落ち込む出来事があり、そのままウィークディは終了。

思えば先週からの肉体疲労、そして修行走の疲れもあったのでしょう。

長〜い平日が終わり、週末。

土曜日は午前中のんびりしてお昼から近場の日帰り温泉へ。

サウナ、温泉、水風呂の交換浴で1時間半ほど。帰ってきてビールを飲んで昼寝。

夕方起きてきて家内とラン&ウォーク。家内も疲れており、7キロウォークの3キロジョグ。

日曜は朝久しぶりに階段へ。20本。
その後、MT坂、TY坂、FM坂を一本ずつで、NZ坂まで行き5本。

今回は登りをつま先登り(心拍数控えめ)で登り、下りはつま先立ち高回転小ストライドのトレイル実践的下りの練習。

帰ってきてシャワーの後、お昼ご飯。

福岡国際マラソンの大迫の走りを見た後、銭湯に行き交換浴。

夕方は家内と朝行ったNZ坂までウォーキングして、登り下りを3本。1時間半。


それなりにケアとトレーニングのバランスが取れた週末となりました。



.




[PR]
# by run-lenotre | 2017-12-03 21:09 | トレーニングなど | Comments(0)

修行走2017

今年も身延山、七面山で「修行」してきました。

e0156534_08291139.jpg

当日はやや寒いものの快晴。
ふたつの山からはどちらも美しい富士山がくっきり望めました。

身延入りは前日夕方。宿坊に入って受付に行き、知り合いの方々に挨拶などをしてから一旦宿に戻り夕食。前夜祭に出るか迷いましたが、布団を敷いてゴロゴロしていたら、いつの間にかお風呂にも入らず寝入ってしまいました。

翌朝。4時に起きて準備。6時前に朝食。7時過ぎまでゆっくりして会場へ。

e0156534_08291687.jpg

スタートは7時半の予定でしたが、路線バスの通過を待つなどして7時40分スタートとなりました。

e0156534_08292118.jpg

スタート位置はほぼ最後尾。といってもスタート後も後方の暖かいテントの中に10〜20人がまだ残っていましたが・・・。

コースはいつもの長くて急な勾配。参道なので舗装されていたり、よく踏まれてはいますが、急坂なのでガシガシ登るのではなく、小さなストライドで小刻みにステップを踏んで登らないとかなり足にきます。

登り切って奥の院のエイドでスポドリと饅頭をもらい出発。

感井坊までの下りと十万部寺から赤沢までの急な下りは抑えたので今年もここで2〜30人に抜かされました。

羽衣エイドで補給していよいよ七面山の登りへ。

今年もポールのお世話になりました。はじめ調子よく登っていましたが、二十二丁目の灯籠あたりで力が出なくなり、前腿もヒクヒクしてきたので脇のベンチに腰掛け、マグオンと芍薬甘草湯を投入。右足先が何となくしびれ気味で足底も攣りそうです。

何とか頑張って四十五丁目あたりまで来ると山門が見え、終わりが近づきます。

少し下って敬慎院のエイド。ソフトフラスコ2本にスポドリを補充してもらい、コーラ、スポドリ、お汁粉などをいただいて出発。

角瀬までの長い長い下りのトレイル。はじめは慎重に降りていましたが、途中から調子が出てきてスピードを上げたら案の定、右足内転筋が攣りました。コース脇によけてストレッチ。ここからはポールを突きながらの慎重走りとなりました。

この下りは本当に長い。今年は膝痛は出ませんでしたが、足のあちこちが攣りそうで困りました。

やっとの思いで角瀬のエイド。バナナ、スポドリ、コーラをもらって出発。

ここから赤沢のまでのアスファルト舗装路と赤沢集落内の石畳、さらに十万部寺までの急なコンクリートの舗装路が本当にキツい。
このパートが修行走で実は一番厳しい部分だと思います。

私はほぼ歩きでしたが、今年は何人か走るランナーを見かけました。・・・みんな若い。

やっとの思いで十万部寺。ここからは下りパート。緩やかなうちは周囲の他ランナーとほぼ並走出来ますが、勾配が急になるとこちらはペースを落とすのでそこで置いて行かれました。

終盤にはひとり旅となって、最後日蓮聖人の廟の参道でひとりのランナーを追い越した以外は前後に誰もいない状態。

身延の街に帰ってきて街の人々や関係者の応援を受けてゴール。

一昨年に比べタイムは二分弱プラス。相対的な評価の全体順位は14ランクダウン。
角瀬からの登りでもう少し走る事が出来ればいいのですが、まだまだ「修行」が足りないのだと思います。

優勝は小川壮太さん。あのコースをすべて走りきって4時間切りはさすが今絶好調のアスリートです。

e0156534_08292392.jpg

天気も富士山も紅葉も素晴らしかった今年の修行走。
はまる人は「はまる」し、一度出て「もうたくさん」という人もいるであろう不思議な大会です。

e0156534_08292563.jpg

.

[PR]
# by run-lenotre | 2017-12-02 09:31 | トレイルレース | Comments(0)

ゴロゴロ、ゴロゴロ。

土曜日に大会が中止になって、日曜はゴロゴロ。

夕方、銭湯に行き交換浴。名栗の下りでそこそこ頑張ったせいか大腿四頭筋がかなりの筋肉痛でした。

月〜水は仕事がフィールドワークで珍しくハードワーク。相当上半身の筋肉を酷使しました。

・・・ボロボロで木曜の今日、勤労感謝の日。

お休みだったので午前中は敷きっぱなしの布団の中でゴロゴロ。

夕方、また銭湯に行き交換浴。・・・今日の風呂は効きました。

帰ってきてまだ明るかったものの、一杯はじめてしまいました。


今週末は遠征。

ミドルレンジですが、先週使い切るはずだった体力を振り絞ってくる予定です。

これから年末まで連戦が続きます。



.


[PR]
# by run-lenotre | 2017-11-23 19:31 | トレーニングなど | Comments(0)

中止

新聞、ネットの報道などで周知となっていますが、参加していた大会が中止になりました。

自分はあるエイドに着いたところで理由は告げられず「大会中止」「計測チップ回収」となりました。

今後、この大会だけでなくトレイルラン界全体にどんな影響が出るかは不明ですが、推移を見守りたいと思います。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


.


[PR]
# by run-lenotre | 2017-11-18 20:42 | トレイルレース | Comments(0)