ROCKIN'BEAR 黒姫トレイルランニングレースに参加してきました。

梅雨ながら当日朝は晴れ時々曇。しかし何となく湿気が多く、いや〜な感じ。こういうときが一番熱中症になりやすい。
e0156534_19571292.jpg
ロングコースに今年は若干コース変更があって距離は44キロ。
「走れるコース」というキャッチフレーズは大体林道が多い場合に使用されますが、その通り。

距離がミドルレンジなのでスタートは早いです。8時半のスタートに間に合わせるべく、家を2時半くらいに出ました。金曜日に仕事を速攻で片付け、夕食後即寝でも5時間も寝られません。

しかし会場は高速のインターからすぐなので意外と移動時間は短く、6時過ぎには会場に到着してしまいました。これならもっと寝られた・・・。

水分はソフトフラスコ2本、ハイドレに1Lの計2リットル持ちましたが、実際これでも足りず、後で大変な事になりました。ブリーフィングで主催者の方が「喉が渇いたら川の水を飲んでください!大丈夫ですから!」と言っていましたが、そんな・・・。なかなか飲めませんよ。エキノコックスみたいなの恐いし・・・。浄水器持っていけば良かった。

定刻にスタート。今回はいろいろ考えて最後尾からスタートすることにしました。
ロングの参加人数は400人いないくらい。あれっ?少ないな、と思いました。
ネイチャーシーンの大会には珍しく渋滞することがあるらしいので、そのあたりが敬遠されたのかも。
e0156534_19574194.jpg
まず会場周辺のトレイルをぐるっと回って4キロ程で会場に戻ってきます。スタート地点が第一エイド。
第一エイド、近すぎます。
スポドリとコーラを1杯ずつもらって出発。

・・・暑いです。既に滝汗状態。累積標高はそれほどでもないのですが、ダラダラした林道とガツンとした急坂のメリハリが結構きます。名物のモンスターヒルは視覚的には凄いですが、木段で実はたいしたことありませんでした。

渋滞の起きやすいという2人ずつ歩いてわたらなければならない吊り橋は10人ほどの列で済みました。

吊り橋を渡ってボーッと走っていたら、ミスコース。
後ろから「おーい!違うよ〜!」と声をかけてもらい気がつきました。ほんと助かりました。

発電所の樹脂マットの敷かれた九十九折りの急登は信越五岳でもおなじみのコース。ですが、トレイルに戻ると季節が違うためか、なんだか記憶にありません。こんな景色だったっけ・・・。

しばらく走って第二エイド(16キロ)。既に両ソフトフラスコは空状態。ハイドレの水も多分半分ほどは飲んでいるはず。コップにスポドリとコーラを交互に5杯。少し落ち着いてソフトフラスコに水を補給して、ショッツと青汁を投入後、またコップに5杯ほどスポドリとコーラ。計1L程飲んでチャポチャポのお腹でエイドを出てしばらく歩きました。

やがて長い林道に。ここでトップ集団の選手の皆さんとすれ違いました。皆さん結構疲れた感じ。この先の激登りの厳しさがうかがえます。

そして激登り。何段階かで急登がやってきます。

途中でスタッフの人に「もう登り終わりですか?」と聞くと「あと200メートル」との応え。

あと200メートルで上り坂が終わりかと思ったら、200メートル先から最後の急登が始まりました。

ここも何とかクリア。ここから下り。下りはいいですが水分が心許なくなってきました。

この区間。第二第三(同一場所)エイドの間が16キロもあるのはかなり過酷です。・・・水、足りません。

この時期(6月末)の気温で一番ハードな区間に16キロエイドがないというのはかなり厳しいです。この区間で2リットルの水分が完全になくなりました。

第三エイド手前にトイレがあったので何気なく寄ってみたところ。驚愕!!!

・・・色がむちゃくちゃヤバい。
完全に水分不足。走っていてこうなったのは人生2回目。前回は24時間走の時。
・・・そ、そんなに過酷なのか、ロックの熊。

汗で出た分が明らかに摂取した水分量を超えています。
どこかが痛いとか自覚症状はなかったものの、これで完全に戦意喪失。「無事にゴールすること」が目標になりました。

第三エイドに着いてソフトフラスコからハイドレまで全部に水分補給。天気が曇りになって気温も涼しくなってきましたが、水分が切れることが何よりもおそろしい。
前後した他のランナーとも「この大会、エイド少なすぎですよね〜」などと話しながら走りました。

ラスト5キロでこれで終わりかと思って林道とトレイルをゆっくりながら走り続けましたが、最後の最後に急登。往路で通った筈ですが、記憶が飛んでいます。

早くゴールしたい一心で最後の力を振り絞ってガシガシ登り、長いシングルトラック。
あと1キロくらいかな、と思ったところで「あと2キロ」の表示。
最後のシングルトラックの長いこと長いこと。

パッと景色が開けるとたくさんのランナーが。・・・ショートの部のランナーの皆さんでした。

最後の坂を駆け登って、見覚えのあるスタート会場へ。そしてゴール。

当初予定したゴールタイムを30分以上オーバーしましたが、最後尾からスタートしたこと、途中熱中症気味で脱水状態になったことを考えれば上々でした。

ゴールで待っててくれた家内が麦茶、コーラ、カフェオレ、ノンアルコールビールやらを次々と買ってきてくれ、お腹がタプタプになるまで飲みました。



ROCKIN'BEAR 黒姫トレイルランニングレース。

アツイ黒姫のロックな熊にしてやられた大会でした。
e0156534_19565133.jpg


.







[PR]
# by run-lenotre | 2017-06-26 20:08 | トレイルレース | Comments(0)

今週のトレーニング

離京していた先週、実はある大会にエントリーしておりDNSしました。
・・・ですが、カラダに相当疲労が蓄積しており、結果的にDNSで良かったと思っています。

戸隠で疲労困憊してレース後整体の施術を受けましたが、相当体に疲労が溜まっているらしく、先生がかなり念入りにマッサージをしてくださいました。そこで言われたのがとにかく「深呼吸すること」。
体が硬直して呼吸が浅くなっているのだそうです。
そんなわけで先週は深呼吸を意識していました。


さて、今週末。

昨日は久しぶりに朝、階段へ。登るときに前に出す足ではなく、軸となる後ろ足を意識して。

最新の階段トレーニング論では、前に出す足に意識が行き過ぎると膝等を痛める可能性があり、むしろ軸となる後ろ足の臀部を使って体を押し上げることが大切なのだそう。

そんなかんなで階段練21本。

その後、MJ坂へ行き、下りダッシュを5本。登りはゆっくりつま先登りで。
これは鏑木毅さんが超ベテランのロードランナーの方との対談で、スピード練習として下り走を行っている記事を読んだ事からトレーニングに取り入れてみました。
ウルトラランナーの岩本さんがかつて言っていた「下りの着地筋のトレーニング」とも重なります。

なるべく大きなフォームで重力に逆らわず、むしろどんどん加速するイメージで着地も「バンッバンッ」と足音がするくらいに駆け下りる。・・・やり過ぎると確実に怪我をする練習かもしれません。自分も控えめに5本で止めておきました。

帰ってきて久しぶりに指圧へ。ここでも背中から腰が相当固まっていたらしくかなり念入りに施術していただきました。終わってからちょっと買い物などをして日帰り温泉へ。
この日は徹底的にケアをしました。久々の指圧とジェットバスが相当痛かったのはやはり疲れている証拠かも。


日曜の今日も朝練。階段でまた21本。本数が半端なのはいろいろ事情があって・・・。

その後、MJ坂を駆け下って見ましたが、昨日のダメージが残っている気がして1本でやめておきました。

うちに帰ってシャワーを浴び、朝食を食べ、布団に入ってウトウトしてからお昼を食べようと起き出すと家内が「ちょっといってくる、トレーニング・・・」というので、付き合ってまた階段へ。

今度は11本。家内のペースに合わせていたらまた半端な本数に。

帰りにスーパーに寄って遅い昼ご飯のおかずを買って帰宅。

お昼を食べてしばらくしたら外で雨音がし始めました。


休養とトレーニングのバランスの取れたまずまずの週末だったと思います。





.





[PR]
# by run-lenotre | 2017-06-18 19:20 | トレーニングなど | Comments(0)

先週末

私事で5日程離京していました。

ここ2ヶ月の大会ラッシュで疲労が溜まっていたこともあり、先週末は軽めのトレーニング。

5キロほどの平坦な道を何回か走る程度でした。

昨日午後に帰京したので夕方家内と久しぶりに階段練×10本。
家内が新しい階段練のノウハウを仕入れて来たので早速実践。

詳細はまた書く機会があると思いますが、なかなかいいかも・・・。

今週からまた普段の生活に戻ります。




.

[PR]
# by run-lenotre | 2017-06-12 07:23 | トレーニングなど | Comments(0)
相馬剛CUPとなった今年の戸隠マウンテントレイルに参加してきました。

相馬さんの人望もあって、ゲストランナーがとてつもなく豪華な事に・・・。
渡辺千春、横山峰弘、大内直樹、小川壮太、望月将吾、山本健一、小出徹、菊島啓、松本大、上田瑠偉、大瀬和文、大石由美子、岩佐(小川)比登美などなど・・・、トレイルラン日本選手権かと間違える程です。

e0156534_21241253.jpg

さて、大会当日。
朝5時半に首都圏と出発しましたが、いきなり関越道が渋滞。それでも10時前には長野に到着。
受付開始の11時近くになっていましたが、今年も会場手前の温泉でひとっ風呂。ここでランニングウェアに着替えました。

11時半過ぎに会場着。既にキッズの部が始まっていました。
キッズの先導をトップアスリート達が務めており、やっぱりとてつもなく豪華な大会。
表彰式のプレゼンターもトップアスリートの皆さん!!!

e0156534_21263285.jpg

・・・自分は受付を済ませ、駐車場に戻ってモソモソと準備。
お天気はいいものの風が冷たく、気温は低め。水分は1Lあれば充分と判断してソフトフラスコ・ポカリの水割×2本。

ブリーフィングの後、ゲスト紹介が長引いて急遽スタート時間が10分遅くなったのはご愛敬。

e0156534_21242116.jpg

今回は20キロということで突っ込んでみる(これが大間違いだった)つもりで、スタート位置は100〜150人位のところに並びました。

スタート直後、まずゲレンデを少し登ってグルッと回るのですが、ペースが速い。

何とか流れに乗って、林道後の登りにいいポジションで入りたかったのですが、1キロも行かないうちに自分の80〜90%のペースに。

こんなんで最後まで持つのかな、と思いながら登りセクションに入りました。

20キロとはいえ、今回もポール持参。このゾーンでポールを使っているのはおそらく自分だけだと思います。ポールを使ってやっと流れに乗っていけるペース。

根性坂を終えて少し下り、ゲレンデに出てまた登り。そこをダダダッと下って「本丸」の瑪瑙山への登り。「振り返ると景色がヤバいよ!」の表示に振り返ると本当に戸隠連山がババッーンと見えました。

勢いだけで何とか瑪瑙山を登り切ると今度は下り。はじめはシングルトラック。やがてゲレンデの直滑降。ゲレンデの下りは苦手なのでここで十数人に追い越されました。

ゲレンデを下ったところが第一エイド。とりあえずフラスコにはまだ2/3以上水分は残っていましたが、コーラを一杯もらいました。

ここからまた下り基調。トレイン状態で休むことが出来ません。前の行くランナーは平らなところが速く、根っこや石が出てくると減速するので、間が縮まったり広がったり。

登り基調になったところでトレイン状態が解消しました。

鳥居前に出て、広いトレイルに。追い越すこともなく追い越される事もない状態で流れに乗って行きます。

登り返して、小川の流れる横の気持ちいいトレイルへ。

ふと、気配を感じると凄いスピードでランナーに追いつかれました。・・・10キロのトップでした。今年もここで追い越されました。

小川沿いのトレイルが終わり、ゲレンデの登り返しと林道。・・・結構疲れてきました。
やっぱり突っ込み過ぎです。

スタート地点に戻り、15キロ。エイドでコーラとスポドリを一杯ずつ。

再び林道へ。いつもならここから追い込みなのですが、もうカラダが売り切れ。

キャンプ場までの下りは何とか重力を借りて駆け下れましたが、登り返しが走れません。

歩いたり、走ったり。ここでまた10人位に抜かれてしまいました。

最後、駐車場まで登ったところで力を振り絞りカメ速ながら走りました。

アスファルト部分は走ってゴール!

タイムは昨年をわずかに上回ったものの、疲労困憊。
ゴール後、クルマに戻ってもしばらく着替えることも出来ませんでした。
出し切った、というか限界まで行ってしまった感じ。

結局、表彰式まで会場に残って豪華なショット。

e0156534_21242667.jpg

戸隠マウンテントレイル。

ガチでもファンでもいける希有な大会です。

来年はまた例年のような大会に戻ると思いますが、また出たくなる大会に違いありません。



.






[PR]
# by run-lenotre | 2017-06-05 21:29 | トレイルレース | Comments(0)

尾瀬沼散策

家内と早春の尾瀬沼を歩いてきました。

先週、家内が「見晴の山小屋にキャンセルが出た」というので急遽山小屋を予約。

土曜朝一に首都圏を出て、沼田ICから尾瀬戸倉の駐車場にクルマを停めてシャトルバス(乗り合いのワンボックス)で鳩待峠へ。

e0156534_07260971.jpg

鳩待峠の休憩所から木道のトレイルに入ります。雪が多く残る木道上は所々雪に埋もれて、時々ズボッと雪を踏み抜いた足跡もあり、慎重に歩きました。
往復分二本ある木道のひとつが雪で埋もれている場合は譲り合ったりして進みます。

e0156534_07260974.jpg

途中の池に早くも水芭蕉の群生が。

e0156534_07261090.jpg

「クマだ、クマだ」の声に遠くを見ると木道から100m程離れた場所をノソノソ歩くクマの姿が・・・。野生のクマ初めて見ました。
写真を撮っているハイカーもいましたが、無視して通り過ぎるのが一番、と早々にその場を立ち去りました。

歩き疲れた頃、山の鼻に着。

e0156534_07274440.jpg

ビジターセンターでクマの目撃情報を報告した後、山小屋で早めの昼食。キーマカレーとビーフシチューを分け合って食べました。この日は寒かったせいもあるのか、行きのSAで珍しくカツカレーも食べていました。旺盛な食欲。

お腹も一杯になりいよいよ尾瀬沼内へ。この日の尾瀬沼は一日曇り空で風はかなり冷たい。
雪原のような中を黙々と歩いて行きます。

e0156534_07260863.jpg

雪が溶けかけて不思議な光景。

e0156534_07260852.jpg

雪のないところでは木道下に水芭蕉が寒風から身を守るように咲いていました。

e0156534_07260826.jpg

牛首の分岐を経て竜宮で休憩。見通しのきかない景色の中を延々歩いてきた気がします。

さらに歩いてやっと見晴に到着。

e0156534_07292673.jpg

所要時間は大体山と高原地図と同じくらい掛かりました。予約した山小屋に入って一旦荷物を置いて身軽になって外に出たものの、どんよりした天気と冷たい風に当たって早々に引き上げました。

お風呂に入って(尾瀬では水は豊富にあるのでお風呂はあるし、トイレはウォシュレットの洋式と快適でした)、あんまり寒かったので日本酒をお燗にしてもらいいただきました。ついでにビールもおかわり。

夕食を摂って部屋に戻ったら布団を敷いてまだ明るかったものの寝てしまいました。

翌朝、5時頃起床。外は霧が掛かっていましたが、小屋を出る頃には晴れ間が出ていました。

この日はルートを変えて東電分岐から東電小屋前を通って牛首分岐まで戻るコースで帰ることに。

天気が違うとこうも景色が違うのかと思うくらいいい景色。

e0156534_07294690.jpg

途中、休憩した東電小屋。ツバメが忙しそうに飛び回っていました。
遠くに見えるのは頭にちょっと雲がかかった至仏山。

e0156534_07304799.jpg

途中、振り返って見たこちらも雲のかかった燧ヶ岳。向かい合うふたつの山ですが山容が全く異なります。

e0156534_07335160.jpg

辛かった前日の往路と異なり、あっという間に山の鼻まで戻ってきてしまいました。

日曜日とあってさすがに人が多く、そこから鳩待峠までのルートは時間が掛かりましたが、お昼前には無事到着。
e0156534_07310540.jpg

日帰り温泉に立ち寄って、事故渋滞だった高速はSAで何度も休憩しながら、9時過ぎには帰宅できました。

初めて行った尾瀬でしたが、とても気持ちの良いところで是非また行きたいと思いました。
大会やトレーニングと関係なく山で過ごせた充実の週末でした。



.



[PR]
# by run-lenotre | 2017-05-29 07:41 | イベント | Comments(0)