nEWTONでロング走をしてみた。

昨日購入したニュートン。早速ロング走に使ってみました。

履いたときの印象としてはワイドが狭く、よく「ニュートンはワンサイズ上を買え」と言われていますが、Dサイズのシューズが合っている自分にはいつものサイズ(26センチ)で丁度いい感じです。また、幅狭のシューズで時折ある「小指部分のあたり」もその部分に補強材がなく、柔らかい素材が使われているのでそういった心配はありません。
アッパーは軽量化のためメッシュのみとなっており、風がスースー通るのも蒸れなどからくるマメ防止にいいと思います。実際、風が良く通るのが走っていても感じられます。冬はスマートウールの靴下でもいいくらいです。

昨日履いたとおり、走り出しには違和感がありますが、すぐになくなります。
但し、階段などで歩くとソールの出っ張りに違和感があって、ニュートンを履いている事を思い出させてくれます。ランニングシューズでウォーキングも出来るものがほとんどですが、ニュートンはまさにランニング専用シューズです。

よく言われる「足が前にどんどん出る」という印象は残念ながらあまり感じられませんでしたが、走りにくいという事は全くありません。

VFFやMT-10を履いたことのある人だと、フォアもしくはミッドによる着地に慣れているのでその劇的な違いをあまり感じられないのかも知れません。踵部分がミッドソールの様な柔らかい素材なので、ランニングシューズの踵がよくすり減る人が履くとあっという間にソールがなくなってしまう気がします。(そのための踵がしっかりしたタイプもあります)

年末年始の不摂生で、ウエイトオーバーの自分にとっては「ひゃっほう〜!」という感覚はなく、淡々と距離を積む感じでペースもややゆっくりめになっていました。ちなみにこのシューズ、超スロージョグはやや苦手の様です。スピードのレンジが速い〜やや遅い、といった狭い範囲なのも特徴のようです。

結局、約14キロずつ、間に休憩を入れて計28キロ超を走りましたが、シューズ自体の軽さと十分なクッション性が一番の特徴の様に思いました。

帰ってきて、足首にやや疲れを感じていますが、これがシューズの為なのか、はたまた自身の練習不足によるものか、残念ながら断定できません。

今月あるハーフマラソンとフルマラソンにこれを使うかはまだ決めかねています。

年始のお休みがまだあるので、この間に他のシューズと比べたり、もっと距離を走ってさらに試してみようと思っています。


・・・と、アマゾンのカスタマーレビュー風に書いてみました・・・。
[PR]
by run-lenotre | 2012-01-04 21:45 | グッズ | Comments(0)