峰の原高原の極上トレイルを走る1

トレイルランナーの石川弘樹さんがブログなどで呼びかけた峰の原高原のトレイルランニングコースを走ってきました。
「トレイルランナー優先のトレイル」???・・・!!!というこのコース。

石川さん自身が「道案内」をしてくれるという贅沢なこのイベント。夏休みの渋滞を避けて朝5時に家を出、のんびりと菅平を抜けて10時頃には峰の原高原に着きました。
11時集合で参加者は20名ほど。ベテランのいかにも走れるランナーの方から、初心者の方までバラエティに富んだ参加者が集いました。
私たち夫婦も基本「自主練」という事だったので「これなら無理せず、ついて行ける筈」という事から参加を決めました。参加費もペンションの宿代のみという、嬉しさ・・・。

集合は峰の原高原のペンションぶらんこ。
ご主人も奥さんもフレンドリーで「ここは居心地のいいペンション」に違いないと思いました。←食事時に実感しましたが、ここの料理は美味しい!

集まった食堂で簡単なコース説明などの後、いよいよ実際のコースを走ることに。
e0156534_21291216.jpg

トレイルコースまでは約10分ほど歩いていきます。
e0156534_2130591.jpg

コースに入ってからは所々で石川さんがコースのガイダンスをしてくれました。
e0156534_21311673.jpg

コースを整備していただいた地元の方々のおかげで、分岐地点にはわかりやすく色分けされた標識が立てられていました。
e0156534_21325344.jpg

トレイルは環境整備のため軽自動車が通れる林道やシングルトラックがほとんど。
林道は車が通る事がまれなのでフカフカ状態。
地理的環境から、はじめから下りでガンガン走れる、というのも楽しい要因の一つでした。
しばらく行ってコース最奥部の滝に着きました。
e0156534_2136385.jpg

1500メートル以上の標高と滝のマイナスイオンで無茶苦茶涼しい。
8月のこの時期に「涼しい思い」をしながら走る事ができる幸せを実感しました。
途中途中でいろいろなアドバイスをしてくれる石川さん。
あくまでも「自主練」のための「道案内」の立場ですが、様々な事を教えてもらえラッキー!
e0156534_21353341.jpg

この後もコース各所で峰の原高原のコースについて詳しく解説してもらえました。

普段は走る事の出来ない私有地の特別コースを一通り紹介していただいた後、元々あるフリーのトレイルコースを走るベテラン組と、ここで終了するビギナー組に分かれてその日は終了となりました。

いわゆる初心者組の私たち夫婦はここで宿に帰ってお風呂で汗を流して晩ご飯を待つ事にしました。

夕食の後は、懇談会として今日走ったコースについて各自が様々意見を述べる機会が設けられました。
皆さん、様々な建設的かつ時には厳しい意見を出されて、私たち夫婦も「なるほど〜」とうなる場面も多々。

心地よい疲労感を感じながら10時過ぎには就寝することになりました。←一日目終了。
[PR]
by run-lenotre | 2012-08-06 22:06 | トレーニングなど | Comments(0)