竜ヶ岳合宿一日目

先週末は本栖湖南の竜ヶ岳に行ってきました。
目的は9月にある朝霧高原トレイルランニングレースの下見ですが、今年変更になった竜ヶ岳への登りルートは実はUTMFのコースと重なります(朝霧は登るところをUTMFでは下りますが)。
土曜日の天気はあいにく曇り時々雨。
竜ヶ岳登山道駐車場からキャンプ場内を通って東海自然歩道に出、そこから昨年までの登山口(石仏側)の前を通り過ぎ、UTMFでも使われた登山口まで行きます。
石仏側の登山ルートは振り返ると富士山が見える絶景コースですが、こちらは延々と九十九折りを上り、時々木立の隙間から本栖湖が見えるくらいの景色しか楽しめません。
e0156534_1611394.jpg

黙々と登ります。さすがに標高が高いので風は涼しいですが、それでも汗が噴き出してきます。
e0156534_1623256.jpg

左右にササが生い茂ってきたら、登りの残りは1/3位です。
e0156534_1633527.jpg

空が開けて、石仏方面からとの合流地点。厚い雲が空を覆っています。
e0156534_1644844.jpg

竜ヶ岳山頂はお天気が悪いせいか誰もいませんでした。
e0156534_1654312.jpg

左右のササが6月に登ったときよりもはるかに茂っていました。
e0156534_1663181.jpg

端足峠への下りもぬかるんでいて滑りやすい。慎重に下りていきます。
e0156534_1672391.jpg

九十九折りを下りていくとA沢貯水池が見えてきました。
e0156534_1681480.jpg

なじみ深い端足峠。この日は暗い感じ。遠くでは雷鳴が聞こえてきました。
e0156534_1691139.jpg

大きめの石が転がる植林内の長いスイッチバックを下りて、東海自然歩道に合流。
e0156534_16102273.jpg

今年ここに来たのは何度目だろうか。A沢貯水池。
e0156534_16115618.jpg

朝霧トレランHPでも注意されていた崩落部分その1。ランナーが二人並んで走ったら危ない。
e0156534_16132148.jpg

こちらは高低差があるのでちょっとコワイ。穴が開いて下が見えます。
e0156534_1614473.jpg

木道も滑りやすいので要注意。かつ、走ると壊れそうなので歩きがオススメ。
e0156534_16152574.jpg

6月に来たときに土石流で埋もれて道がわからなくなっていた箇所はすっかり緑になっていました。
e0156534_16162588.jpg

橋は壊れたまま。
e0156534_16171741.jpg

雷が近くなってきたので、この日の下見はこれまで。
道の駅朝霧まで行って食堂でおそばを食べて本栖湖まで戻ることに。
はじめ国道沿いにジョグをして県境から東海自然歩道に入り、歩いて駐車場まで戻りました。
この日の移動距離20キロ。食事休憩も入れて6時間半の行程でした。
[PR]
by run-lenotre | 2012-08-20 16:27 | トレーニングなど | Comments(0)