第二回白馬国際トレイルラン(前日)

第二回を迎えた白馬国際トレイルラン。昨年も確か信越五岳と重なった日程だったためか、定員をかなり割り込んだ参加者だったような記憶があります。
今年は第一回が無事に開催されたという信頼度からか、昨年を大幅に超えるエントリーがあったそうです。

三連休の渋滞を避けてまだ暗いうちに出発し、長野市内に9時前には到着しました。

長野といえば善光寺。まずはお参りです。
e0156534_1552113.jpg

有り難い気持ちになった後、北長野にある信州トレイルマウンテンに立ち寄ってトレラン用のソックス等を購入。このお店、インターネット通販もやっていますが、品揃えは神保町に引けを取りません。

そうこうしてから白馬入り。
選手受付までさらに時間があったので、ちょっと立ち寄り湯へ行く事に。
昔の白馬には温泉はほとんどなかった様な気がしましたが、今はそこら中に立ち寄り湯があります。
e0156534_15552630.jpg

一汗流して、受付時間になったので会場へ。
ゼッケンとお土産(Tシャツ、タオル、リンゴ、熊鈴など)をいただいてから一旦宿に行く事にしました。
今回のお宿は、ホテル・旅館クラスとペンションクラスがあったので迷わずホテル・旅館クラスにしました。
これが大正解。24時間いつでも温泉に入れるし、部屋にはトイレがついているし、車も大会終了まで駐車させてくれるわ、走った後にも温泉に入らせていただけるわ、もちろん食事は味もボリュームも大満足で、トレラン大会に何を求めるか人によっても違うと思いますが、我が家的には大正解でした。

一息ついてから歩いて再び会場へ。

まずはコースガイダンス。
e0156534_1655718.jpg

かなり丁寧な説明で大会主催者の熱意が感じられました。

続いて鏑木毅さんのトレランクリニック。
e0156534_1661520.jpg

鏑木さん、実は大きな大会の前には必ずここ白馬で合宿をする、とのこと。
白馬のことを「日本のシャモニー」とおっしゃっていました。

続いて鏑木、福田六花両氏によるトークセッション。
e0156534_1663480.jpg

鏑木さん、こちらは親しい福田さん相手でもあり、かなりリラックスした様子でした。

最後は同じくゲストランナーの間瀬ちがやさんの紹介があってイベント第一部は終了。
e0156534_1665039.jpg


トークショー終了後、会場を隣に移して振る舞い酒などの第二部となりましたが、翌日のことを考えて、我が家はここで退散。

温泉につかってからボリュームある晩ご飯をいただいて8時前には就寝しました。
e0156534_16203463.jpg

[PR]
by run-lenotre | 2012-09-17 16:59 | トレイルレース | Comments(0)