斑尾高原トレイルランニングレース2012

さて、レース当日。
当日は4時に起床。同じ宿の人たちはほとんどが50キロに出場なので5時前には宿を出て行かれました。
16キロの私たちはのんびり準備。他に誰もいないのでトイレも気兼ねなく使え、ノーストレス。
6時に車で会場に着くと、駐車場はかなり一杯でスタッフ用の近くて便利なところに誘導されました。朝食会場はかなり賑わっていましたが、食べ物はまだどっさりとありました。サンドイッチ、おにぎり一個、菓子パン一つとコーヒーにミネストローネをいただいて朝からお腹一杯。
e0156534_20285965.jpg

朝の石川さんのご挨拶。

そうこうしているうちに6時半の50キロの部スタート時間が近づいてきました。
とりあえず見送るべくスタートゲート付近まで行く事に。

e0156534_20295084.jpg


スタート直前。緊張が伝わってきます。
6時30分スタート。
一斉にランナー達が駈けだしていきます。
e0156534_2031498.jpg


50キロのランナー達を見送っても自分たちのスタートまではまだ一時間もあります。
会場で椅子を見つけて座っていたり、トイレに行ったり(ガラガラです)して時間を過ごします。
50キロに比べ、かなりまったりしています。

いよいよビギナークラスのスタートです。
e0156534_2039149.jpg


私は20キロ以下の距離のトレランレースに出た経験がないので、どういうペースで走ったいいのか全く分かりません。とりあえず中盤やや後方から様子見でスタートすることにしました。

7時30分、石川さんの合図で一斉にスタート。

何となく流れに任せて走りますが、最初の登りであっという間に心拍計が160を超えたのでとりあえず歩くことに。
16キロに出るランナーの多くは腰につけるボトルホルダーを着用していました。中には丸腰のランナーもちらほら。私はいつものウルトラスパイヤにハイドレ1リットルの装備。
e0156534_20393993.jpg


歩く途中で振り返ってパチリ。
e0156534_20401779.jpg


さらにゲレンデを登る途中でパチリ。
e0156534_2040555.jpg


写真を撮る余裕はここまで。あとは結構真剣に走りました。

結局、2時間を十数分上回るタイムでゴール。
いつも出るロングディスタンスのレースに比べ、足腰のダメージは少ないものの、後半は呼吸がハアハアゼイゼイしっぱなしで、ロードのハーフマラソンに近い感じだったでしょうか。

もっと攻めることが出来たような、でも満足できたような不思議な感覚で終了しました。

その後は家内がゴールするのを待って、高原ホテルの大浴場に行き、さっぱり。(お風呂も50キロコースからすると信じられないくらい空いていました)

それからゆっくりレストランで昼食としてカレーライスをいただいた後、再び会場へ。

既にトップランナー達はゴールしていたものの、友人達のゴールを最後まで応援し無事終了、となりました。


斑尾フォレスト。50キロで自分の限界を試すのも楽しいですが、16キロで程よくストレスなく走って、応援に回るのも楽しいと思える素晴らしい大会でした。

来年は・・・・。

迷いますが16キロでも充分楽しいかな・・・。

何より、クリック戦争に勝てるかが一番の問題です。
[PR]
by run-lenotre | 2012-10-15 21:41 | トレイルレース | Comments(0)