ミトコンドリアに秘密「短時間で持久力アップ」日経新聞より

24日土曜日の日経新聞に面白い記事が載っていました。

「ミトコンドリアに秘密  短時間で持久力アップ」

・・・うーん、興味深い。何だか楽ちんで効果的な感じ。
ミトコンドリア・・・、懐かしい。大昔理科の授業で習った記憶が・・・。ここ数十年はドリアはドリアでもサイゼリアのミラノ風ドリアぐらいしか縁がなかった。

内容はまずミトコンドリアは毛細血管から酸素を取り込んでエネルギーを作りだすエネルギー工場で(・・・知らんかった)、ミトコンドリアが増えれば生成されるエネルギーが増して、筋肉が疲れにくくなる、というもの。
ジョギングなどでは遅筋のミトコンドリアは増えるものの、速筋のは増えず、速度を上げると速筋のミトコンドリアも増え、強度の高い運動では速筋が遅筋の性質を帯び始める・・・。
また、運動によって毛細血管も増え、速筋が遅筋の方向にシフトしていく・・・。(このあたり、だんだんよく分からなくなってきた・・・)

要するにミトコンドリアを増やしましょう、ということらしい。

具体的なトレーニング方法としては、全力走(坂ダッシュなど)を30秒間、4分の休憩(歩いても、止まってもいい)でこれを4〜7回おこなう、というとてもシンプルなもの。

月間走行距離200〜240キロだった大学の先生が、これで80キロに減ったものの、フルマラソンのタイムが2時間40分(速い!)で変わらなかった、という事実。

但し、ベースの出来ていない初心者がこれをおこなうと故障のリスクをともなう。(・・・そりゃそうだ)

また、この全力走では心臓の機能自体はたかまらず、動静脈酸素較差(酸素がどれだけ使われたかの数値)が大きくなる。つまりミトコンドリアの働きが活発になる、ということらしい。(多分)


・・・うーん、坂ダッシュでも30秒で休憩4分、それを4回くらいなら週2〜3回くらいはできそうだ。

それにしてもランニングに関してのいろんな研究がされているものですね〜。
[PR]
by run-lenotre | 2012-11-25 12:49 | トレーニングなど | Comments(0)