北九州平尾台トレイルランニングレース(前日)

石川弘樹さんプロデュースの北九州平尾台トレイルランニングレースに行ってきました。

まずは前日受付。天気は雨。場所は北九州国際会議場。

この日は選手受付、石川さんのコースガイダンス、平尾台の自然環境の解説と競技説明、ウエルカムパーティーが予定されていました。

受付でまずゼッケン等をもらってブースを覗きます。

e0156534_1312422.jpg


パタゴニアは福岡店がブースを出しており、販売もされていました。
他ブランドはマグマ(グリーンマグマ)、サロモン、ニューハレ、アルトラ・ネイサンなどが出ていました。

続いてホールでの石川さんのコースガイダンス。

e0156534_13354510.jpg


石川さんの大会の特徴ですが、このコースガイダンスが非常にわかりやすい。
このコースガイダンスに出ておけば急登が続いても「全部で3つと言っていたからあと2つ」とか、「ここは頑張って走らないとタイムが縮まらない」とかレース中の作戦が立てられます。

続いて平尾台の自然環境についての諸注意。
国定公園でなぜトレランレースが開催可能なのか。反対の声が多くある中で、自然を守りながら地域を活性化させるには多くの人々が努力されている事がよくわかりました。参加人数を絞り、大会後自然環境へのインパクトをきちんと調査して、精査する。その結果は会場にもパネル展示してありました。

e0156534_13405312.jpg


最後は競技説明。平尾台の絶滅危惧種の植物を守るためにくれぐれもコースアウトをしないでほしい、と重ねて要請されました。

e0156534_1345402.jpg


競技説明も終わり、いよいよウエルカムパーティー。

e0156534_13494999.jpg


料理はこんな感じ。

e0156534_13503028.jpg

e0156534_13503932.jpg
e0156534_1350497.jpg
e0156534_1351320.jpg


パスタ、焼きそば、カレーのトルティーヤ、魚とポテトのフライ、蒸し鶏、パスタサラダ、ミートボール等々。
意外とパンがフカフカで美味しかった。
競技参加者に比べ、パーティー参加者が少なかったのは市内に美味しそうなレストランなどが多数あるためでしょうか・・・。

宴たけなわの頃、石川さんがスピーチ。
e0156534_13541092.jpg


翌朝が早かったのでこのスピーチを聞いた後、コンビニに寄って翌朝の朝食を買ってホテルに帰りました。
[PR]
by run-lenotre | 2013-04-22 20:45 | トレイルレース | Comments(0)