柴又100k応援&ノルディックウォーク

第一回となる柴又100kの応援に行ってきました。

都内から気軽に出られるウルトラマラソンとして私もエントリーを迷ったのですが、結局様子見にしてしまいました。今回は来年以降の下見を兼ねて、ノルディックウォーキングで行ってきました。

とはいえ、朝8時スタートに間に合うように会場に到着するには家を相当早くに出ないと間に合いません。家を出たのが午前4時過ぎ。とにかく朝日に向かって歩きはじめました。

e0156534_983586.jpg


浅草カッパ橋あたり。

e0156534_985698.jpg


隅田川を渡ります。時間の読みが浅く、ちょっと焦ってきて歩調はキロ8分代に突入。

e0156534_991262.jpg


やっと荒川越え。でも会場は江戸川。・・・遠いです。

環七を越えてやっと金町通過。柴又の駅をかすめて会場に着きました。

e0156534_992940.jpg


スタート25分前。まだランナーたちはスタート地点に並ぶことなく開会式が始まったばかりでした。

e0156534_994283.jpg


ゲストの増田明美さん。さすが人気者でマイクを手に取り話し始めるとワラワラとランナーたちが集まってきました。左端はこちらもゲストの100キロマラソン世界記録保持者の砂田さん。

e0156534_995848.jpg


いよいよ8時のスタート。スタートは200人ずつ位のウェーブスタートでほのぼのした雰囲気。

ランナーを見送ってからはブースで焼きそばやラムネを買って飲んだり、知り合いのシューズブースの方とお話をしたりしてまったり。

60キロの部のトップランナーが帰ってくるまでも4時間以上あったので、コースを5キロ地点までノルディックで往復したりしていました。午前中は快晴。少し暑いくらいで熱中症や脱水が心配されます。

そろそろ60キロのトップが帰ってきそう、ということでゴール地点まで行きました。
60キロのトップは4時間12分!速いです。

60キロの選手たちが次々とゴールするのを応援して、午後2時半(スタート後6時間半)を過ぎたので100キロの選手たちがゴールする側に移動。この大会、100キロの部は45キロでまず折り返し、ゴール前の土手の上を通り過ぎて5キロ下流に向かい折り返して帰ってくる、という心も折れそうなレイアウトになっています。

サロマ湖ウルトラを月末に控え、内外のトップ選手があまり出場しなかったこともあるのか、7時間を過ぎてもまだ誰も帰ってきません。

時計が3時20分を回った頃、帰ってきました!日本人選手です!

e0156534_910182.jpg


足取りも確かです。独走でゴール!7時間31分はやっぱりすごい。

その後、土手の上に上って会場を横目にあと10キロを走るランナー達を午後5時頃まで応援していましたが、さすがにこちらも12時間以上立ちっぱなし歩きっぱなしで、疲労困憊してきたので本日の応援はここまでにしました。
この後、大会はなんと午後10時まで続きます。選手や運営の皆さん、本当にお疲れ様です。



帰りに寄った柴又帝釈天。

e0156534_9103438.jpg


商店街で草だんごをいただきました。帰りのランナー達もちらほら。

e0156534_9104576.jpg


最後は駅前の寅さん。

e0156534_9114758.jpg

by run-lenotre | 2013-06-02 09:12 | トレーニングなど | Comments(0)