2015世田谷246ハーフマラソン

5年ぶりに世田谷246ハーフマラソンを走ってきました。
e0156534_817491.jpg

お天気はあいにくの小雨。
ですが風もなく雨も終始降り続いた訳ではないのでコンディション的にはよかったと思います。

駒沢陸上競技場スタート。スタートブロックはA〜Gの「F」でしたが、ロスタイムは1分少々でした。

今年初めの新宿シティハーフで自己ワーストを記録してから10ヶ月ぶりのハーフマラソン。
スタート直後はやや渋滞気味でキロ6分以上掛かっていたと思います。国道246号線に出てからは直線になった事もあり、スムーズに流れ始めました。

環状8号線をトンネルでくぐり、二子玉川の街を通り、多摩川まで出たところで川沿いに西へ。10キロの手前で堤防横の道路から土手上のサイクリングコースに上がり折り返すコース設定は例年と変わらないようです。

脈拍計を装着して走りましたが、脈拍は常に150周辺で、160にならないよう気をつけた他はペースはあまり気にしませんでした。感覚的に呼吸がハアハアとならないようなペースを保ちました。

15キロを過ぎたあたりで1時間50分のペースランナーを追い越しました。まだまだ呼吸は余裕がありましたが、やや足が重くなってきたのでピッチを変えるなど久しぶりにロードらしい工夫をしてみました。
目黒通りに入って環8までのキツイといわれる登りではまだまだ心肺に余裕がありそうだったのでピッチをさらに細かくしてペースを上げました。
目黒通りを曲がってからが意外と長いので、このあたりは自重して周囲の他のランナーと合わせて走ることに。
駒沢公園内に入って残り1キロからペースを上げてスパート。そしてゴール。

タイムは前回のワースト記録から6分短縮したものの、自己ベストからは11分遅れ。なんと8年前の初ハーフマラソンのタイムとほぼ同じで「振り出しに戻る」感じとなりました。
但し5キロ毎のラップは28分台、25分台、24分台、23分台と徐々に上げていけたのはよかったと思います。

自己ワーストを出した後もロード練習はほとんどせずに坂練、階段練にあけくれていたこの10ヶ月にしてはまずまずの成果、とりあえずよかったと思います。
by run-lenotre | 2015-11-09 08:35 | ロードレース | Comments(0)