二手に分かれる

説明すると長くなるのでしませんが、昨日(土曜日)に引き続き、自分は今日も青梅丘陵へ行ってきました。一方、家内はあきる野市へ。
まあ、自分は青梅高水山トレイルラン、家内はハセツネ30kに行った訳ですが・・・。

家内はハセツネ30kに行く用事があったのですが、私はなし。
どうせ山に行くなら歩いたり走ったりしたいのでそんなら自分は青梅に行く、ということで早朝家内をあきる野市の会場近くまで送っていき、その足で青梅に向かいました。

ほぼ同地域で同日に行われるこの二つの大会。どういう経緯でハセツネ側が同日にぶつけてきたのかは知るよしもありませんが、はじめは青梅側の主催者がかなり不愉快に感じたようです。


青梅丘陵には朝の7時前に到着。

30キロのスタートまではまだ3時間以上あります。そこでトレーニングをかねて雷電山まで往復することにしました。
昨日追い込んだ事もあり今日はまったり。
登りは基本歩き。周囲に気を配りながら下りは走りました。
大会開催が周知されているためか、途中ハイカーに出会うことがほとんどなく、石や木の根に集中する足裁きの練習になりました。

1時間15分ほどで雷電山到着。折り返して矢倉台くらいからは時間もあったのでのんびり歩いて戻ってきました。

途中でスミレの花や青梅市街などを写真に撮りながら、春を感じてのハイキングといった感じでした。
e0156534_158015.jpg

e0156534_1581850.jpg

さて、大会会場の風の子広場に着くとたくさんのランナーや関係者であふれていました。
e0156534_1583489.jpg

知り合い数人に挨拶をして、スタートラインから100メートルほど離れたところで応援。

10時。まずは30キロの部スタート。
トップは栗原さん。すでにダントツです。
e0156534_1585121.jpg

2/3位のランナーが通り過ぎたところで早くも渋滞発生。スタートして100メートルで渋滞とは・・・。
e0156534_1593257.jpg


さて、30キロのランナーを見送って、その30分後に今度は15キロのランナー達がスタートします。

こちらはスタート直後からかなりのハイペース。
e0156534_1595867.jpg

で、後ろのほうはやっぱり渋滞。
e0156534_15101738.jpg

15キロのランナー達を見送って応援は終了。

昨日に続き温泉へ行き、汗冷えしかけた体を温めて帰宅。

2日続けて山練ができ充実した週末となりました。





[PR]
by run-lenotre | 2016-04-03 15:15 | トレーニングなど | Comments(0)