人気ブログランキング |

善光寺ラウンドトレイル

今シーズン初トレイル「善光寺ラウンドトレイル」に参加してきました。
e0156534_5381085.jpg

天気は快晴。予想最高気温は25度と暑くなることが予想されていました。

渋滞を避けて朝5時に首都圏を出発したら8時半頃には会場駐車場前に着いてしまいました。
自分の前にはすでに30〜40台の駐車待ちのクルマ。しばらくするとゲートが開き、順番に会場近くから道路に駐車していきます。

受付は10時からということでしばらく会場の地附山公園内でさかいやさんのブースをのぞいたり、景色(高台で長野市が一望できる)を眺めたりしてすごしました。

9時45分頃には受付が始まったので早速受付し、一旦クルマに戻り着替え。11時のキッズの部が始まった頃会場に戻りました。

11時半からコースブリーフィング。コースは大体3つの山を登って下りて帰ってくる17キロ。このコースはネイチャーシーンの代表大塚浩司さんの日頃練習されるホームコースでもあるそうです。

招待選手の紹介。何人かのうちこれは松永紘明選手。右は大塚さん。
e0156534_5383243.jpg

お見かけしたチームモントレイルの左から上田瑠偉選手、松岡宏美選手、山田琢也選手。
e0156534_5392496.jpg

12時にいよいよスタート。いきなりの登りですが、走って走れない事はないのでゆるゆる走りました。
登って下って、次は大峰城への登り。コースは里山のトレイルといった感じで難易度も高くなく、気持ちよく走ることが出来ます。

エイドは二カ所プラス私設エイド一カ所。公設エイドのうち第一エイドは帰りも通るのでつごう4回エイドに寄れます。

暑さで脱水気味だったのか、病み上がりだったからかはわかりませんが、10キロも行かないうちに両ふくらはぎの内側がかなりまずい状態に。
登り、下り、平地と動きが変わるとピクピクと攣りそうに。特に平地のランがヤバイ。

一番ハードだったのは第二エイドを過ぎた後の葛山への登り返し。路面は悪くないものの、急な登りが結構続きます。

ゆるやかな下りロード部分でとうとう左ふくらはぎが攣ってしまいました。練習だと思って生足できたのもまずかった。コンプレッションゲーターしてくればよかった。ふくらはぎが固まってカチカチになっているのが見てもわかります。3分ほど休憩。

大峰城の登り返し後の下り。急なトレイルの下りではほとんどふくらはぎを使わないので快調に飛ばせました。

おおっー!!行ける、こりゃいい。と調子に乗っていたら、グギッ!!
右足足首を内側にひねりました。「痛くない、痛くない・・・ううっ、やっぱり痛い」
急減速です。慎重下りに戻りました。

再び地附山に戻り最後会場までの下り。他のランナーもラストスパートに入ります。
ここでもふくらはぎが攣り、ストレッチしている間に若いランナーに抜かれてしまいました。

極めつけはゴール15メートル前でまた足が攣り、今度は女性ランナーにスルッと追い越されました。

ヨロヨロとジョグペースでゴール。


不本意な結果の原因は、暑かったからか、病み上がりだったからか、もともと筋力不足だったかはわかりませんが、里山の17キロとはいえ侮れない大会でした。

とはいえ、長引いた風邪で腹痛、口蓋炎を次々に発症し2大会DNS後の復帰。走れただけでも幸せだったのかもしれません。



.
by run-lenotre | 2016-04-24 07:06 | トレイルレース | Comments(0)