2018信越五岳:100マイル応援

2018年信越五岳トレイルランニングレースの「応援」に行ってきました。

e0156534_19503841.jpg

去年、台風の影響で100キロに短縮されてしまった同大会。今年ついに100マイルで行われました。

素晴らしい大会でしたが、全体を通して見てはっきりわかったのは今の自分では100マイル完走は相当難しい、ということ。

自分と近いと思われた走力の参加者ほとんどがDNF。途中の関門などで引っかかっています。

過去、110キロで入賞経験のある女性ランナーやTJAR完走経験もあるサブスリーランナーもDNF。

唯一、フルマラソンサブ3.5(でもサブスリーに近い)、ロングレースでいつも自分より数十分以上早くゴールされる方が完走しているのみです。しかしこの方は週6日一日10キロ以上きちっと走ってカラダも絞れている超スマート(知的)なランナー。

・・・一体何がキツいのか。

二年続けて100マイルのコース(エイド中心ですが・・・)を見てきた感想だととにかく「制限時間が短い」という一点につきると思われます。


「走れる」コース、といわれています。
しかしアップダウンがかなりキツいのでロングレースで普段は歩くようなところも走らなければならないと思います。この「走れるところ」と「歩くところ」の基準が自分と主催者の石川弘樹さんでは異なるようです。赤倉のゲレンデの強烈な直登を前にあの鏑木さんが「これ、登んのか・・・」とつぶやいたという噂もあります。

普通、同じ大会の異なるカテゴリーだと短いカテゴリーに完走出来たら次は長い方に(なくなりましたがSTY完走したら次はUTMFとか)という感じでステップアップ出来るのですが、この大会はたとえばOSJのおんたけの100キロ、100マイルのような関係で、両カテゴリーの間には目に見えない壁があって、そこから先は鍛え抜かれ選ばれた者しか進めない、という感じです。

自分の感覚だと信越100マイルは110キロを最低16時間台(17時間切り)で完走できないと話にならないと思います。


視点を変えてボランティア。

ボランティアも相当過酷そうでした。

自分の知り合いは某所で誘導。中盤だったので一箇所で拘束時間が比較的短かったのですが、かなりラッキーだったと思います。

絶対的なマンパワーが不足しています。
かつてアートスポーツがスポンサーだった頃はそちらのマンパワーが機能していたのですが、倒産してパタゴニアだけになってしまった影響はボランティアの動員にも大きく影響している様子です。

自分も交通費を負担し6千円をさらに払ってまる2日間拘束のボランティアを翌年の出走権のためにするかというと正直手を挙げる気がしません。
超人気の110キロにエントリーするにはクリック戦争に参加するか、斑尾のボランティアに申し込む(現在斑尾50kと信越のどちらかの翌年の出走権が選べます)か、一か八かクリック戦争とは無縁になるだろう100マイルにエントリーするか、のいずれかを選ぶと思います。


・・・じゃあ、来年どうするか。


・・・うーん・・・。


来年のエントリー時期までに考えることにします。


いい大会なことは確かなのです。日本一の110キロ、100マイルのレースであることは間違いないのですから。

e0156534_19483045.jpg

.













[PR]
by run-lenotre | 2018-09-17 20:04 | トレイルレース | Comments(0)