甲州アルプス Haute Route Challenge 2018

この大会はまず「トレイルランニングレース」とは名乗っていません。「山岳縦走競技」と書いてあります。

似たような表現でハセツネは山岳耐久レースと名乗っていますが、あちらはHPでも「トレイルランニング」と言っています。オートルートは距離67キロで累積標高が4600メートル、ハセツネは71.5キロで4582メートルなのでコース的には似ているかもしれませんが、最大の違いは制限時間。ハセツネが24時間に対しオートルートは15時間。単純に言ってハセツネを15時間以内に完走しなければならないことになります。

この15時間が無茶苦茶キツい。関門が6箇所のエイドすべてに設けられており、はじめの関門こそ20キロ程で5時間とゆるめですが、コース説明で小川壮太さんが言っていたように10時(スタートは5時)にここを出たのではまず次の関門は間に合わない。少なくとも9時(20キロを4時間)には出ていないといけません。このあと10キロ2時間のペースをここから次の関門までずーっと保って行かないと関門に引っかかります。

コースはトレイルランニングと言っていないように「走れる」部分の非常に少ないレイアウトです。ポールの携帯を推奨していますが、ポールが使える人は絶対持って行った方がいい。但し途中20〜30キロ位の区間は環境問題から使用できません。もっとも三点支持でないと登れない部分もあるのでポールが邪魔になる場面も多々出てきます。

標高が500メートルくらいから2000メートルを超える高さまで行くので、紅葉の時期ということもありコースは絶景です。あいにく雲が出て遠景はほとんどみえませんでしたが、鮮やかな赤から黄色の広葉樹の紅葉や落葉間近のカラ松まで標高差によって変化する植生を満喫できました。

さて、前置きが長くなりましたが、肝心の大会レポート。

土曜日。普通に行けば都心から甲州市はクルマだと1時間半も掛からないところ。前日受付のために早朝に出発したら朝6時過ぎに到着してしまい行くところもない。・・・というわけで自宅で渋滞状況をみながらのんびり。

3時にコース説明会があるので余裕をみて11時に出発。

・・・が、紅葉シーズンのため中央道は高井戸から上野原まで渋滞。下道で行こうと出発しましたが、週末と言うこともあり多摩地区も幹線は渋滞。結局諦めて調布から高速に乗りました。ちょうど渋滞が解消しつつあるところで、何とか3時のコース説明会には間に合いました。

e0156534_20015222.jpg

この日は市内のビジネスホテルに宿泊。宿泊客の半分は大会参加者だったと思います。

夕方6時台に駅前の居酒屋で夕食(アルコール抜き)を済ませ、8時過ぎには就寝。

翌朝、3時前に起床。シャワーを浴び身支度。部屋の窓を開けてみると冷込みはそれ程でもない。

暑くなることも予想されたので水分は500ccソフトフラスコ2本と1.5Lのハイドレに700cc程、経口補給液やスポドリ系を入れました。

4時にホテルを出て15分ほどで会場へ。参加人数が少ない(1カテゴリー200人程度)なのでトイレ渋滞もほとんど無し。

いよいよ5時にスタート。スタートゴール会場からトレイルまでは5キロ程ロードを下り基調で走ります。眼下に美しい甲州市の夜景が広がります。

コンクリートの急坂を登っていよいよトレイルへ。高低図にもあるように前半は急登の連続です。段々明るくなってきてライトは消しましたが、最初のエイドまでは頭につけていくことに。
登って登って源次郎岳山頂。アップダウンを繰り返し第一エイドの上日川峠に到着。時計は8時半をまわったところ。とりあえず順調です。気温は寒くはなく既に大量の発汗。2本のソフトフラスコはほぼエイドすべてで補充することになりました。

コースはほとんどが登りと下り。途中きもちのいい草原(阿蘇の牧草地を小さくしたような感じ)の場所を通りますがあいにくの天気で遠景は望めません。標高が上がるにつれガスってきて眼鏡が曇ります。自分の汗の蒸気で曇っているのかガスのせいなのか段々わからなくなってきます。

このあたりからアップダウンが急なので軽快に走ることが出来ないこともあり、たまたま出会った知り合いで実力者のKさんと並走して行きました。
上日川峠エイドを過ぎてしばらくの狼平からはポール禁止区間なのでここでポールを一旦しまいます。もっともこの先は大きな岩がゴロゴロした急坂で手も使うのでポールはかえって邪魔になったりします。

アップダウンを繰り返し第二エイドに着いて補充だけ済ませて出発。Kさん曰く「制限時間が厳しいので写真も撮っていられない」とのこと。ここで初めてあたたかいお味噌汁をもらいました。結構胃腸にきていて食欲はありませんが、暖かい味噌汁、白湯とブドウなどの果物は入ります。

ここから第三エイドまでは下り基調となります。このあたりから段々足が「削られて」きます。
今回は、右の大腿四頭筋と左の腸脛靱帯に痛みが出始めました。

下って下って舗装路に出て少し登って第三エイドの大和自然学校に到着。

ここで時計を確認して愕然。関門時間まであと30分しかありません。第一エイドで1時間半あった貯金がわずか30分。けっして遅かった訳でもなくまあまあのペースできたつもりでしたが、余裕がない。

時間が無いが疲れている。次のエイドまで10キロ2時間。しかもコースは簡単じゃない。ここで初めてリタイヤを考えました。選手の中にはここでもう上着を着てズボンをはいて「帰り支度」を始める人も。
「絶対、間に合わないよ」「厳しすぎる」そんな声があちこちから聞こえてきます。
椅子に座ってうどんと味噌汁をいただき10分休憩してとりあえず次のエイドまで行くことにしました。

次の深沢峠のエイドまでは登り基調。ポールを使ってもノロノロとしか登れません。
これはもうダメだ、次のエイドでリタイヤしよう。ずっとそんな事を考えながらの道行きです。
Kさんにも置いて行かれました。
頑張っても頑張っても貯金がどんどんなくなっていく。精神的にも相当追い詰められます。

完全にリタイヤ覚悟で着いた次の第四深沢峠エイド。関門20分前。

ここでボランティアさんの一言が運命を変えました。

「次のエイドまでは6キロで〜す」。

何?・・・6キロで2時間なら行けるわ。

ということで補給だけして出発。もう下りは足が痛くてポールを前について早歩きでしか下れませんが、登りは何とか登れるし、斜度の緩い下りならトボトボ走る事も出来ます。

源次郎岳を再び登って長い下りに入りました。下りでは沢山のランナー達に抜かれました。登りはまだ自分の方が速く登れますが、下りは全く走れないのでビュンビュン抜かされていきます。みんな足が痛くないのかな、とおもったらミドルコースの選手達も結構いたようです・・・。

第五エイドに着いたのがゴール制限時間まで3時間を切るくらい。あと10キロ程ですが、最後の5キロはロードなのでここでやっと「完走」がみえてきました。

このエイドで4種のブドウがあったのでそれぞれ味見。「持っていって〜」と言われたので10粒ほどポケットに入れて出発。300メートル程モグモグしながら歩いて行きました。3カテゴリーほとんどの選手がここを通る筈ですが、時間が遅いのか経口補給液からあんパン、ブドウまでかなり余っていたようです。

ここからはロードにはいります。まっすぐ行けばゴール会場だな〜と思っていると道を曲がってトンネル手前から再びトレイルに。

今年からコースに追加された最後の山。・・・これが本当にキツかった。これは罰ゲームに近い。

延々と続く登り。尾根沿いなのでピークがわからず、もう登り切ったかなと思うとはるか前方の高いところに前走者のライトがチラリチラリ。

うわーっ!!!まだ登るのかよ。というのが延々続きます。左手には木々の間に甲州市の夜景。トンネル前まであんなに近づいていた町並みがはるか眼下に遠ざかっています。


延々と登った気がした後、下り基調になってやっと下山が始まりました。この下りではさすがに他のランナーに抜かれることもなくなりました。・・・みんな疲れています。

やっとロードに出たところで最終エイド。ここで水(もう甘いものは飲み飽きていました)を2杯ほどもらって最後のロードに出ました。

キロ7〜8分くらいのペースでポールを突きながら走りましたが、最後の最後、あと1キロ程のところで5人程のランナーに追い越されてしまいました。登り基調ということもありラストスパートの余力は残っていなかったようです。

それでも何とか走りきってゴール。制限時間まで3〜40分以上時間があったので最後は頑張れたと思います。

レース後、周りから「キツすぎる。もう次回はエントリーしないと思う」の声があちこちで聞かれました。

自分も完走出来たのでおそらく「卒業」させていただくと思います。


甲州アルプス Haute Route Challenge。

美しい紅葉、わかりやすいコースマーキング(マーキングのわかりやすさはピカイチ。阿蘇とは比較にならないくらい適切。)、二回目とは思えないこなれた運営とホスピタリティ。
ボランティアさん達の感じのいいこと、いいこと。・・・助けられました。

しかし素晴らしい美点をすべて吹き飛ばす関門時間の厳しさ。
せめて18時間あったら人気大会になるポテンシャルがあるのに。
運営の問題もあるのでしょう。・・・もったいない・・・。


自分史上もっとも厳しかった大会の三本の指に入ると思います。


.



[PR]
by run-lenotre | 2018-11-05 20:22 | トレイルレース | Comments(0)